【中毒の危険性】コーヒー大好きな私がカフェイン断ちをした話【依存症】

ライフハック

こんにちは、タジマです。

皆さん、コーヒーはお好きですか?
私は蛇口をひねったらブラックコーヒーが出てくればいいのにと思うくらい
コーヒーが大好きです。
そんなコーヒー好きの私は

午前中に仕事をしながら1杯
昼食後仮眠前に1杯
15時頃に1杯、

といった具合に少ない日でも大体1日に3杯くらい、
多い日には5杯くらいはコーヒーを飲んでいました。

これだけコーヒーを飲んでいても夜眠れなくなったりコーヒーで目が冴えるようなこと
はたまにしかなかったので、
「自分はカフェイン耐性の高い人間だ」
と思っていたのですが、ある本を読んで
「もしかして自分はコーヒーの飲み過ぎでカフェイン中毒になっているのでは?」
という考えに至りました。

そのある本とは
超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド(著:鈴木祐)
こちらです。
これまたタイトルがイカつ過ぎますが、非常におもしろい本なんですよ笑

本書の中で著者の鈴木先生は、
①コーヒーを飲む
②カフェインが脳に達して疲労物質(アデノシン)の働きをブロック
③疲労物質が効かなくなったおかげで脳が元気になる

といった流れでカフェインが作用すると解説されています。

そして、毎日のように大量のコーヒー(カフェイン)を摂取して疲労物質の働きを
抑え込んでいると今度は脳の疲労を感じようとするセンサーが増え、
いくらカフェインを飲んでも疲労が軽減されない状態になり、
それどころか、センサーが増えたせいで疲労物質の効き目が強くなって

後はひたすらに疲れてしまう。

こうやって人はカフェインに侵されていくとのことです。

私はこれを読んで、
「疲れやすいのもコーヒーを飲まない休みの日に眠くなったりするのも原因はこれか!!」
と思い、今まで大量にコーヒーを飲み続けてきたのは失敗だったなぁと悔やみました。

しかし、本書にはこのカフェインに侵されたカラダをリセットする方法も提示されています。
至ってシンプル、簡単です。
その方法とはズバリ、

7~12日間カフェインを断つだけです。

はい。ということで、私タジマもさっそくチャレンジ致しました。
やるからには完全に断たないと意味がないと思ったので
下記のものを完全に断っていました。

カフェインを含む飲料、食品
コーヒー、緑茶、紅茶、ウーロン茶、ほうじ茶、栄養ドリンク、コーラ、ココア、チョコレート等
 ※カフェインレスコーヒー等も微量にカフェインを含む

この通り様々な飲み物にカフェインは入っておりまして、
現代社会でカフェインを意識的に避けるのは結構大変でした。
妊娠中、授乳中にカフェイン断ちしていた家内の努力には感謝です。

以下、カフェイン断ちのレポートです。期間は12日間といたしました。



カフェイン断ち前日
午前中仕事をしながらローソンのメガアイスコーヒー、
昼食時にマクドナルドのアイスコーヒーL、
16時頃にスターバックスのドリップパック(カフェベロナ)、
夕食後にコカ・コーラ500ml、ポッキー1箱
しばらくカフェインを摂れないということで思いっきり摂取しました。
案の定夜は少し寝つきが悪かったです笑

そんなこんなでカフェイン断ち開始です。

1日目
特に異常はありません。昨日カフェインを摂りすぎたからか、
コーヒーを飲みたいとも思いませんでした。

2日目
朝起きてからずっと眠かったです。
そして、朝からずーーーーーーーーっと頭痛がありました。
私頭痛持ちではないので風邪を引いた時とかお酒を飲み過ぎた時くらいにしか
頭痛は起こさないのですが、とにかくこの日はずっと頭痛がありました。
そして仕事への集中力が続かず、ずっとそわそわしていました。

また、まだ2日目なのにちょっとコーヒーを飲みたくもなりました。
これは頭痛を抑えるためでもあり、単純にコーヒーを味わいたいためでもありました。
これはカフェイン断ちの効果かわからないのですが、
夕方からちょっとの吐き気と熱っぽさがありました。
風邪でも引いたのかなと思って熱を測ったのですが、36.7度で私にとっては平熱でした。
また、この日あたりから寝つきがかなり良くなったと感じております。

3日目
昨日と同じで朝は眠くて怠いし、頭痛もありました。
やはり仕事への集中力が続かず、そわそわしていました。

何かをやろうとするとそわそわして集中できない、
そして集中力のいらないような作業をしていると眠くなるという最悪の状態でした。

しかし、熱っぽさや吐き気はもうありませんでした。
おいしそうにコーヒーを飲んでいる家内をうらやましく思い、
昨日以上にコーヒーを飲みたいという欲がありました。
そのコーヒー欲を抑え込む為なのか、普段私は間食をあまりしないものの、
この日は結構お菓子を食べていました。

4日目
まだ朝がきついです。眠くて怠いです。
しかし、頭痛はもう消えていました。
昨日ほど悪くはないものの、まだ仕事への集中力が本調子ではありません。
コンビニに行ったときにすごくアイスコーヒーを買いたくなりましたが、我慢しました。
この日もお菓子を食べました。

5日目
朝はちょっと楽になりました。日中もそんなに眠くなくなりました。
コーヒーは飲みたいけれど、まぁ我慢できる程度でした。
しかし集中力はまだ本調子ではないです。そしてそわそわ感もあります。
この日もお菓子を食べました。

6~7日目
朝は気持ちよく起きれるようになり、日中の眠気もなくなりました。
しかし、まだ集中力は本調子ではない気がします。そわそわ感はなくなりました。
コーヒーへの欲はやっぱりまだあります。
この日、そろそろ間食の癖もやめないといけないと思い、お菓子を食べるのをやめました。

8~12日目
大きな体調の変化はありませんでしたが、集中力が日に日に通常に戻ってきたような気がします。
これは測定や比較が難しいですが、最初のころよりは絶対に集中できています。
また、カラダが正常に戻っていっているのを主観的に感じられたため、
「今カフェインを飲んだら逆戻りになってしまう」と考え、
コーヒーを飲みたいという気持ちもほとんど起きませんでした。




以上です。

表にすると症状はこんな感じですね
そして本日13日目なのですが、今日もカフェインは摂取しておりません。
せっかく始めたのでもう少し続けてみようと思います。

それではまとめです。

今回私が勉強したこと
・コーヒーを飲むと元気が出たり集中できたりするのはカフェインが疲労物質の働きをブロックしてくれるから。
・カフェインを大量に摂取し続けると効果にカラダが慣れてしまうが、7~12日間のカフェイン断ちでリセットできる
・カフェインを含む飲料は結構多い。長期間カフェイン断ちをしてくれる世の中の妊婦さんお母さんは偉い。
・カフェイン断ちの期間中は調子が悪くなる。仕事の生産性にも影響あり。
・しかし、徐々に体調は戻り、カフェインに頼らずとも12日間で普通の生活ができるようになる。
・カフェイン断ちをすると寝つきがよくなる。
・カフェイン断ちで知らず知らずのうちに自分のカラダはカフェインに侵されていたということに気づける。

そして、いまの私の心境とこれからの方針はといいますと

今まで知らず知らずのうちにカフェインに頼って生活や仕事をしている部分が
あったのかもしれないけれど、それを断って今普通に生活も仕事もしている
というのは非常に清々しい気分。

しかし、コーヒーは大好きなので今後も飲む!
だけど1杯1杯を大切に。
おいしいコーヒーを飲みたい時と、カフェインの効果を使いたい時以外は
できるだけカフェインを含まない飲み物を飲む!

です!

日常的にカフェインを摂取されている方、もしかしたらカフェイン依存かもしれません。
試しに是非カフェイン断ちをやってみてください。

また、カフェインのを摂りすぎると副腎という臓器に疲労が溜まり、これも
疲労の原因となるそうです。
カフェインの摂りすぎにはくれぐれもご注意ください。

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

Twitter

やってます!
生活改善に役立つ良い情報を発信しますのでフォローよろしくお願いいたします!
リプライには確実にお返事いたします!!

それではまたつぎの記事で☆彡

コメント

  1. […] ウィルキンソンの炭酸水です。私、一昨年の9月より断酒と禁煙をしております。また、カフェイン中毒の恐れからコーヒーもできるだけ控えるようにしております。(コチラの記事で書いた通りカフェインって怖いんですよ。)そんな私が今日常的に飲んでいる嗜好品がこの炭酸水です。 […]

タイトルとURLをコピーしました